ビジネスに必要な英語力はどのくらい (TOEIC目安)?

TOEIC RESULT10月に受けたTOEICの結果がオンラインで発表されました&960点でした。満点を狙って3回目の受験だったのですが、少し届きませんでした(笑)。特にTOEIC満点が必要な事はないのですが、趣味として今後も続けていきたいと思います。

海外仕入れなどで海外のメーカーや会社と取引をするのに「どのくらいの英語力が必要ですか?」と聞かれる事がよくありますので、私の考えを書いていきたいと思います。

 

結論を先に言ってしまうと、海外仕入れなど日本以外の会社と取引するなら、交渉を対等/有利に進めるため、TOEICで言えば最低でも850点ぐらいはあった方が良いかなと思います。TOEIC=英語力だとは全然思わないですが、それ以下だと語彙力も文法もイマイチな人が多いので、正直ビジネスをスムーズに進めるのは難しいかと感じます。低いレベルの英語は誤解を招き、トラブルを生む原因になりますからね。

そうでなくても海外取引はトラブルは付き物です。日本のような高いレベルのサービスは基本ありませんので、全て自分で交渉や確認をしてリスクヘッジをする必要があります(もちろん高いレベルのサービスを持っている会社もあり、その場合は特に大変な英語での交渉や対応はないですが、基本ないと考えていた方が良いかと思います)。

また英語がビジネスのグローバルランゲージと考えられている現在で、英語力が低いと舐めてかかられる事が多々あります。ひどい場合では明らかな定価ではなく、法外な値段を要求してくることも。あってはならない話ですが、国によってはビジネスレベルでも全然あります!

海外での取引きを考えている方はぜひ上記を参考にしてみてください!!

 

MCB APPAREL

ONLINE-SHOP:

Official website: mcb-apparel.com/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です