フランス・パリ ワンピース仕入れ旅行記 2 (パリ到着~)

前回は主に旅行準備やパリ到着までのフライトの事を書きましたので、今回はパリに到着してからの事やホテルついて書いていきたいと思います。

まず今回パリに行くにあたって用意したのが、日本からのメールやLINEを随時チェックする必要がありましたので、パリで使えるSIMです📱(SIMについて詳しく知らない方は各自GOOGLEでチェックを笑)!ポケットWIFIをレンタルするという選択肢もありますが、保険込みなどにすると意外と高くなってしまうので、もしSIMフリー携帯を持っているのであれば絶対的にSIM購入でのスマートフォン使用をお勧めします。

パリのシャルル・ド・ゴール空港でもSIMを買えるはずなのですが、今回は日本のAMAZONであらかじめ購入しておきました。パリに限らずですが、日本のAMAZONで買う場合、現地で買うより高くなってしまうケースが多いです。ただロングフライト後にくたくたになっている状態で設定するのが面倒になると分かっていたので笑、あらかじめAMAZONで購入→日本の成田空港で設定して出発という流れにしました。今回購入したのは「Threeデータ通信専用プリペイドSIM【3GBタイプ】【最大90日間有効】」という商品でお値段は1,980円でした。その名の通り有効期限90日間で3GBまで使えます。決して回線速度は早くはないですが(3G回線でした笑)、メールやLINEのチェック、Google Mapを使うくらいの用途だと全然問題なかったです。

 

私たちがシャルル・ド・ゴール空港に到着したのが、朝の7~8時。ロングフライトでクタクタでしたが、チェックインして一休み出来る時間ではありませんでしたので、早速仕入れの視察をする事にしました。ただ荷物が邪魔だったので、まずホテルに行ってフロントに荷物を預ける→仕入れに出かける流れで動くことになりました。空港からホテルまではタクシーで行き、多少の渋滞もあり1時間弱くらいで、お値段は50€(日本円で約6500円)。TAXIはパリ市内であれば定額50ユーロとの事でした(もしかしたら時間帯によっては変わるかもしれません)。シャトルやバスなどの行き方もありましたが、2人だったので料金があまり変わらない&時間が無駄になるという理由で私たちはタクシーを選択しました。タクシーで少し面白かったのが、ジャズが流れていたことです。TAXIは帰りの空港までの移動にも使用したのですが、帰りのタクシーでもジャズが流れていました。パリのタクシーの基本なんですかね(笑)?

 

そんなこんなでジャズを聴きながら1時間弱くらい走っていると、今回の宿泊ホテルになる「Hotel ibis Paris Porte de Bagnolet」に到着しました🚖。ビジネスホテルで有名なIbisグループのホテルです。

 

全然ラグジュアリーなホテルでありませんし、アメニティー的にもフィットネスジムなどが併設しているわけではない平凡なビジネスホテルですが、パリの中心地や観光地、今回の仕入れ先までメトロで直通または1回の乗り換えで行ける&近くにスーパーマーケットがある便利な立地で◎でした(メトロ3番線 ガリエーニ駅からすぐ。メトロについて詳しくは次回書きます)。プライベートで行くならもう少し良いホテルに泊まりたいなとは思いますが、仕事で来るには十分なホテルです。次回、また仕入れにフランスに来る事があるのであればまたここでいいかなと思っています。何気に朝食ビュッフェも良かったです(笑)。

ibis hotel

ホテル イビス

gallieni

ガリエーニ駅

breakfast in Ibis

朝食ビュッフェ

breakfast in Ibis

チーズ ビュッフェ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の回ではメトロを中心としたパリ市内の交通公共機関の事を書きたいと思います!

 

MCB APPAREL

ONLINE-SHOP:

Official website: mcb-apparel.com/

 

フランス・パリ ワンピース仕入れ旅行記 2 (パリ到着~)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です